非SEOアクセス・コンバージョン率アップ研究

ブログやWEBサイトのアクセス数を上げる方法、広告クリックやお問い合わせ件数を増やすコンバージョン率アップの手段を考えましょう。SEO以外で!

サイトを移転した際に、それまでリンクを貼ってくれていたページにどのような依頼をしたら良いのだろう

WEBサイトの移転というものは、そうしょっちゅう行ってはならないものである。リニューアルサイトとして現在のサイトとは全く別のコンテンツで、新しいドメインでサイトを開設するというケースだけではなく、ドメインをより分かり易いものに変更して、現在と全く同じコンテンツのサイトを開設するというケースであってでもである。

サイトの移転は検索エンジンからの評価を捨て去る行為である

ドメインがどのように評価されるか。たとえば昨日取得したばかりのドメインを、検索エンジンはいきなり競争率の高いワードの検索結果トップにもってきたりはしない。サイトが検索エンジンによって評価され、一定の検索順位を得る事が出来るようになるためには、少なくとも数ヶ月の時間を要する。そして、サイト運営期間が数年に及ぶドメインというのは、オールドドメインとして評価を得る。つまり、価値が高いドメインの最低条件として運営期間という基準があり、ドメインを変更してのサイト移転というのはそうした評価を捨てる行為にあたるのだ。

ドメインの評価基準としては、もう一つ、被リンクの数がある。新ドメインにサイトを移転すると、当然古いドメインに向けられたリンクがもたらす評価というものは引き継がれない。そこで、サイトの移転を行ったら、古いサイトのコンテンツを消去したり、あるいは前のサイトを一定期間残しておくのなら301リダイレクトをしたり、WEBマスターツールでサイトの移転を伝えたりなどの基本的な作業の他に、リンクを貼ってくれているページの管理者にコンタクトをとって、新ドメインへと貼り直してくれるよう頼むという作業も必要になる。

リンクの貼り直しで評価がそのまま受け継がれるわけではない

ただ、そのようにあらゆる必要な作業を行ってページを移転したとしても、以前のサイトと同じ評価が新サイトに引き継がれるわけではない、というのはサイト移転をした事のある人なら経験的に知っていると思う。評価が引き継がれない原因について、オールドドメインを評価する基準と同じく、ドメイン自体の運営実績によって差が出てしまっているのかと考えていたのだが、どうもそうではないらしい。

リンクが修正されるとGoogleはそのリンクを以前ほど信頼しなくなる | 海外SEO情報ブログ

リンクを貼ってくれていたサイトの運営者に頼んで、旧ドメインへのリンクを新ドメインに貼り変えてもらったとする。するとそのリンクは変更されたリンクとみなされ、変更前のリンク以下の効力しか持たない。

つまり、ドメインを移転した際には、サイト運営者に既存リンクを貼り変えてもらうのではなく、新たに言及してもらうようにしないと貼られたリンクの価値が低いままになってしまうということだ。

サイトの運営者が知人というのならともかく、気まぐれでちらっと言及されリンクを貰ったケースなどで新たなリンクを頼むというのは、随分と厚かましい行為に感じられてしまう。でも、そういうケースでリンクの貼り直しを頼まないと、2度目3度目の気まぐれをおこしてリンクを貼ってくれる可能性というのはほとんど考えられないだろう。困った。

 

つまり、結論から言うとサイトは移転するなということである。ドメイン名なども、変更の必要が後から出てこないよう、最初に熟孝して決めることが肝心だ。

広告を非表示にする